ご挨拶

次のステージで明日を創る

日本は今、新型コロナウイルス感染症の危機に直面しています。新型コロナは世界規模に拡大し、日本においてもその感染症拡大に伴う影響は甚大で、国民の生命、生活、教育、経済、文化のみならず、意識・価値観・社会活動にまで多方面に大きな影響を与えております。一刻も早いワクチン接種などの対策により、早急に社会活動を復帰させて、雇用・事業・生活・教育を守り抜き、経済の力強い回復と社会変革の推進を実行していかなくてはなりません。

私は、1995年に皆様に国会に送って頂いて以来26年間、参議院議員として政策中心に5度の閣僚経験を含め皆様のおかげで様々な分野・立場で仕事をさせていただきました。

日本は先輩方のおかげで世界のなかでも豊かで教育の行き届いた、そして社会保障の充実した住みやすい安全・安心な国を作ってきました。子供や孫の世代に、しっかりとこの国を渡していくことが、我々政治家に課せられた使命です。伊藤公以来、国をしっかりとリードしていく伝統の中に我々はいます。この国の今と未来に責任を持つ保守政治の一員として日本の舵を握っていく、その思いで父義郎も挑戦をした自民党総裁選挙に2012年に立候補させていただきました。

そのような思いを先日7月15日に表明させていただきました。参議院議員26年間、山口県全県の皆様に大変お世話になりました。その経験を生かして次のステージを目指します。

皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。

▲このページの先頭へ