2011年11月11日
TPP集中審議

参議院予算委員会TPP集中審議で質問に立ちました。
昨日態度を表明すると思われた総理が、一日結論を伸ばした理由や、民主党政権がTPP参加についていつどのように検討を始めたか、各省バラバラのTPP参加不参加の経済影響試算などについて質問しました。
はっきりした答弁が政府からはなく、唐突にTPPが出てきてまだ議論が始まったばかりであり、総理をはじめとした閣僚の認識も非常い甘いと確信しました。
参議院のWEBサイトに動画や議事録が掲載されますので、ぜひご覧ください。

▲このページの先頭へ