2012年11月19日
衆議院解散

11月16日衆議院が解散されました。野田総理が谷垣前総裁と約束した「近いうちに」から100日がたちようやく「約束」が実行されました。
政権交代してから3年余「こんなはずではなかった」と問題がなんども起こりました。民主党マニフェストは実行不可能なことが多く、実行するための政権運営能力もありませんでした。
無駄を省いて16.8兆円も捻出し、いろいろなバラマキ政策が実現出来るなどと言っておきながら、景気が悪く税収が減少したので出来なくなったなどと言い訳をしています。普天間や八ッ場ダムの問題などをはじめ、現場の意見を聞かず一方的な決定で混乱を深めました。
我々自民党は野党に転落したことを真摯に反省し、政策をみがき、党改革を行なって参りました。責任政党として常に対案を掲げ、政策実現のために与野党合意を行い国民生活を守ってきました。
来るべき総選挙においては自信を持って作った我々の政権公約をしっかりご覧いただき、賢明なご判断を下されますようお願い申し上げます。

▲このページの先頭へ