2012年8月10日
日本が考える「太平洋の世紀」

中央公論9月号(8月10日発売)に日本が考える「太平洋の世紀」が掲載されました。
今年の1月に発売された中央公論2月号に「投資立国への脱皮が日本を救う」を発表しましたが、これはGDPではなく海外へ展開した配当や利子を加えたGNIという指標の最大化を目指し、経済のホームグラウンドを日本だけでなくアジアに広げようという考え方でした。今回はこのアジア全体の外交安全保障の基本的な中長期的枠組みを考えようと、各界の有識者の方たちと議論を重ね、「太平洋の世紀」として発表しました。
ぜひ御覧ください。

▲このページの先頭へ