2012年6月14日
予算委員会で質問

6月13日(水)参議院予算委員会で質問にたちました。
野田内閣が問責決議や問題があった大臣を交代させて内閣改造をおこなった為に、全大臣出席の予算委員会が開かれました。
自民党からは山本議員、私、牧野議員、西田議員が質問にたち、私からは税と社会保障の問題について質問いたしました。
新年金制度については実際にいくらぐらいの保険料で給付がどうなるのかを質問いたしましたが、相変わらず「検討をしている」との答弁でいまだになにも決まってないとのことでした。
長寿医療制度についても関係者の理解を得て今国会に法案を提出する予定でしたが、現行制度が定着していて知事会も現行制度の見直しを望んでいるにもかかわらず、マニフェストに書いてあるのでとの理由で、だれも望んでいない改正をいまだにしようとしています。
消費税増税にともない導入を検討している給付つき税額控除については、大臣自ら制度の不備をみとめ、今後より公正な制度になるように検討するとのことです。
歳入庁についても今後検討をするとの答弁でした。
いずれにしても制度の中身を聞くと、「検討している」「議論している」中身が決まっていないものばかりでした。
参議院のwebサイトで議事録と動画が配信されますので、ぜひ御覧ください。

▲このページの先頭へ